<   2012年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

祢ざめ家

伏見稲荷大社の参道にある祢ざめ家さん

ウナギやウドンやお寿司を店内でいただくこともできますが、
私はお稲荷さんを食べ歩き。

一つからでもチョイっと売ってくださいます。

a0212608_2130376.jpg


持ち帰り専用のカウンターが道路に面してあるので、ふらふらとつい寄ってしまいます。
「稲荷寿司ひとつくださーい!」

a0212608_21301363.jpg


おさらにチョコンと乗せてくれたお稲荷ふたつ(2人分)


a0212608_21302192.jpg


麻ノ実にコリコリした食感がたのしい。
ほんのり甘くて、もう一つ食べたい・・と思うけど我慢。
今度訪れた時には、店内でゆっくり食べたいな~。
[PR]

by matunagusa | 2012-02-26 12:12 |  ├京都(2012年2月) | Comments(6)

稲荷山を登る

京都駅からJRの奈良線で2駅
居眠りしてたら降り過ごします。
おしゃべりしてても降り過ごします。
降り過ごしました。しかも5駅も・・もう少しで宇治に到着しそうでした。

あわてて降りて引き換えし、やっとこ到着『稲荷駅』

まずは私らしく、美味しい日記で始めようと思います。

伏見稲荷大社の参道にある『都麗美庵』というパン屋さん。
その名から推測される(?)通り、あんぱんを多く扱うお店です。


a0212608_20505811.jpg


お店に入るとズラーっとあんぱん
どれにしようか、迷います。

a0212608_20511096.jpg


左上から時計周りに
これは外せまいと選んだ、丹波大納言粒あんパン 
しょっぱさを求めると踏んだ友人は、じゃがいもとベーコンのパン
木の実が大好きな私は、甘納豆とアーモンドとくるみのパン 


a0212608_20511876.jpg


ふわふわのパンを持ってくぐる鳥居、足取りも軽い。
ぱっと開けた場所に出て、振り返るとずいぶんと高く登っていました。


a0212608_2052120.jpg

稲荷山からの眺め、絶景!


さて、ベンチに座ってパン頂きます♪
全部仲良く半分こ。

a0212608_2051266.jpg
a0212608_20513347.jpg
a0212608_20514444.jpg


あんぱんは流石のシットリと炊き上げられた餡
こうして写真で振り返っても、ツヤっとした餡子は魅惑的。
ベーコンのパンはピザっぽいのかと思っていたら、肉まんっぽい生地だった。
そして、大本命!甘納豆パン。
シッカリした生地に包まれた、甘納豆と木の実。

a0212608_20515444.jpg


美味しかった。
歩いて登った稲荷山、少し近くなった気がする空を眺めながら頬張るパン。
[PR]

by matunagusa | 2012-02-23 10:38 |  ├京都(2012年2月) | Comments(8)

空模様 旅支度

昨日の夜は 「今日はそんなに寒くないな~」 と思いながら歩いたのに。
今朝目覚めると ちらちらと雪 「ヒャー」と飛び起きていつもより早めに出社しました。

お昼前には青空が広がって いいお天気。

さてさて、明日はちょっくら京都までお散歩。

雪かな~?
[PR]

by matunagusa | 2012-02-17 16:32 | ひとりごと | Comments(4)

ちいさなコーヒーカップ

小さく作ったコーヒーカップに、小さな小鳥を描いてみました。
「コーヒーもそんなには飲めないの。」と言った祖母のために。

大きなカップに少しより
小さなカップにたっぷりの方が、なんとなく心が満たされる気がして。


a0212608_13163224.jpg



10年続いている趣味は写真
(こちらは手軽なコンデジにおされて、ここ3年は年に数回しか撮りに出てない)

そして、初めて2年のフレッシュな趣味は陶芸
やってみたい・・とずっと思っていたけれど、なかなか踏み出せなくって
それでもエイ!とたたいてみた陶芸教室のドアは思っていたよりも軽く開いて
のんびりペースでしか通えない私でも、気軽に続けられるものでした。

上達具合ものんびりペースですが、楽しいので良し。


a0212608_13164552.jpg



一緒に祖父のコーヒーカップも作ったのですが、
緑色の釉薬をかけたのに、焼きの魔法でピンクに発色。

これだから陶芸は楽しくって やめられないのです。
[PR]

by matunagusa | 2012-02-14 09:12 | 陶芸 | Comments(8)

可愛い誘惑

a0212608_13173289.jpg


明日はバレンタイン

デパートの特設コーナーも明日までだと思うと寂しく・・
今日明日にでももう一度行こうかな?なんて思ったり。

そんな風に見に行く機会が増えるごとに・・増える自分チョコ。

美味しいチョコや広島にはこの時期にしかお目見えしないブランドのチョコももちろんですが
パッケージデザインの可愛さに惹かれる『カワイイ!』衝動買いの多い事。

こちらの『モロゾフ』の『フォアダムール』はウサギのボックスに可愛いアクセサリー
さらには、中のチョコレートもウサギにちょうちょにバラと『カワイイ!』がてんこ盛り。

More
[PR]

by matunagusa | 2012-02-13 09:21 |  └甘いもの | Comments(6)

赤いケーキ

a0212608_21202652.jpg


クリスマスだから、年末だから、新年だから、如月だから・・
そんな風にいつも自分に言い訳をしながら、
本当は1年中食べています。甘いもの

けれど、気温が下がって、温かい飲み物が恋しくなると・・
甘いものを求める度合いが増す気がします。

More
[PR]

by matunagusa | 2012-02-09 14:59 |  ├甘いもの | Comments(4)

しみこむ甘さ oishii

日が長くなり、仕事帰りに夕暮れを楽しむ毎日

少し和らいだ寒さが、また勢いを増して戻ってきた昨晩

まだまだ冬は続きそう。


a0212608_2123509.jpg


バレンタインを間近に迎えた休日の街中は、カラフルなハートのディスプレイや
美味しそうでかわいいチョコレートで溢れていました。

『本気のチョコ』を買いたい・・と思うも、
『無難なチョコ』でお茶を濁します。

挑発的な甘さのチョコレートに酔った体を引きずって、文の助茶屋へ
私はお団子とお抹茶を頂きました。
抹茶ソフトのトッピングされたパフェもとても美味しそうでした。

ほんのりと温かいお団子の甘さが、じんわりと体に染みこみます。


a0212608_2124332.jpg



隣の席では、小学生と中学生らしいお嬢さんがご両親と一緒にお食事中(15:00ですが)
蕎麦をすする両親の側ら、女の子2人は、まさかのカキ氷のレモン味とイチゴ味!

さ・・・寒い・・。
あれが若さというものか?
[PR]

by matunagusa | 2012-02-08 09:50 |  ├甘いもの | Comments(4)